愛媛大学基金 EHIME UNIVERSITY FOUNDATION -愛大(あいだい)基金-

愛媛大学 EHIME UNIVERSITY

新着情報

「地域定着促進」特別奨学金(A)を交付しました     【3月11日(月)】

 愛媛大学では、企業の皆様から御寄附戴きました愛媛大学基金『えみか夢基金』を財源とさせていただき『地域定着促進』特別奨学金(A)を創設し、3月11日、学長から奨学生1期生20人に対し交付しました。
 本奨学金は、愛媛県内の企業、自治体、学校等に就職を目指す就職活動期に入る3年次の学部学生(医学部医学科は卒後臨床研修を受ける予定の5年次)を対象に交付することとして、昨年度に創設しました。
 交付式では、はじめに出席者の紹介・奨学金の交付があり、その後、大橋裕一学長から「本学は地方に立脚する国立大学として、われわれの持つ教育力、研究力を生かしつつ、地域の発展を牽引することを重要な使命と受け止めており、「地域に役立つ人材の育成と輩出」に向けて邁進し、ミッションの一つでもある『県内就職率50%以上』達成へ向け、取り組んでいるところです。今回、地域のステークホルダーから愛媛大学基金(えみか夢基金)への御寄附を活用させていただき、受給される皆さんが、愛媛県内の企業、行政機関等に就職をめざす中で、あるいは臨床研修医として地域医療に従事される中で、愛媛県に定住し、社会の中核的な担い手として地域の活性化や発展に寄与してくれるものと確信しております。」と挨拶がありました。
 これに対し、学生を代表して、社会共創学部 岩本妃来羅(いわもと きらら)さんから謝辞がありました。岩本さんは「日頃のフィールドワーク等を通じ、県内各地域の活性化について再認識するとともに、各種情報を県内は基より、海外へ向け、強く発信していきたい。今後は、何事にもチャレンジする気持ちを大切にし、就職活動に取り組んで行きたいと考えています」と述べました。
 本学のミッションの一つでもある『県内就職率50%以上』を達成し、『地元経済の活性化』に繋げるには、受給者の拡大等も含め奨学金の拡充を図ることが必要不可欠かと思っています。引き続き、企業等の皆様におかれましては、愛媛大学基金への御支援をお願いしたいと思います。

                                 基金担当理事  黒 澤 広 一

愛媛大学「地域定着促進」特別奨学金(A)制度についてはこちら

    
   奨学金受給を祝うとともに、期待の言葉を贈る大橋学長       学長から奨学金を贈呈される奨学生

      
    奨学金を受給した学生一同                     交付式を終えた参加者一同