えみか夢基金の概要

愛媛大学の様々な取組に幅広く活用する基金です。
コロナ禍の学生支援事業にも有効に活用させていただきます。

なお、本学のマスコットキャラクターである『えみか』と、「夢」のある教育・研究、「夢」を持った学生の教育、地域に「夢」を与えられる大学を目指し、『夢』を連結させ、「えみか夢基金」としました。

活用事例

地域定着特別奨学金

卒業生の愛媛県内就職率50%以上を目指し創設した、返還不要の給付型奨学金です。愛媛県内の企業等に就職する強い意欲のある学生へ経済的支援を行っています。
この奨学金の拡充により、就職活動期に入る3年次生(医学部医学科は5年次生)に対して、学業及び就職活動に専念できる環境を提供し、インターンシップ等の参加を促し、愛媛県内の企業等への就業意識を形成することにより、県内就職者を増加させる効果が期待できます。

令和3年度末までの実績 75人(15,000千円)

愛媛大学の奨学金制度

海外留学支援

愛媛県の産業界や地域からも期待されている、海外や県内の各地域において活躍可能なグローバル人材を育成することを目的に、学生の海外派遣渡航費の一部を支援しています。
海外渡航先としては、アメリカ、中国、台湾、韓国、インドネシア、マレーシア、フランス、スウェーデン、アイルランド、イギリス、ドイツ、ロシア等と多岐に渡っています。
この支援の拡充により、グローバルな人材育成に繋がることが期待できます。

令和2年度末までの実績 319人(16,928千円)

愛媛大学留学プログラム

愛媛大学緊急支援給付金

新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大に伴う社会情勢の変化により、家計支持者の失業・減収、学生のアルバイト機会減による収入減など、経済的に困窮し、修学の継続が困難になっている学生が増加しました。
このような状況下、本学では、愛媛大学基金(えみか夢基金)を財源とする愛媛大学独自の支援策として、一人当たり3万円の「愛媛大学緊急支援給付金」を支給しました。 コロナ禍の難局においても、引き続き学生の支援を行ってまいります。

令和2年度実績 723人(21,690千円)

その他の活用事例

様々な事業に有効に活用させていただいております。
・国際連携推進機構関連事業(留学生の渡日経費支援、留学生の就職支援)
・教育環境整備事業(山越運動場フェンス改修、共通講義棟机・チェア整備、樽味地区駐輪場等整備、農学部玄関前塗装工事、附属中学校課外活動用部室新営) 等

支援を受けた学生の声

この度は、地域定着促進特別奨学金を給付していただき、ありがとうございました。私は、松山で公務員として働くことで地元に貢献したいと考えていたため、応募しました。この奨学金を活用し、公務員講座を受講しました。また、試験勉強が本格化する時期に、アルバイトを減らすことができ、集中して勉強に取り組める環境を整えることが出来ました。

今後は、社会人として地元である松山、そして愛媛県の地域活性化に貢献出来るような人材になりたいと考えています。これからも公務員試験に向けて勉強に励みます。本当にありがとうございました。

社会共創学部 4年 真鍋 里奈(掲載時)

2019年1月20日から2019年6月1日までフランス・ブルゴーニュ大学へ留学しました。現地では大学院1年生の中で授業を受け、現代アート、フランス文学、近代哲学、シネマ論、企業法について学びました。もちろんすべてフランス語です。これらを通して芸術と歴史への関心が湧き、一人の「歴史を生きる」人としての学習ができました。これが大きな学びの一つです。
また、留学の目標であったフランス語力の向上も、フランス語の試験である「DELF B2」の取得により、達成できたと思っています。今回は交換留学として渡仏しましたが、次回は大学院生として再び渡仏し自分の研究を続けていきたいと思います。この度は留学のための奨学金を給付していただき、ありがとうございました。

法文学部人文社会学科 4年 梶 史也(掲載時)

緊急支援給付金は、食費及び研究活動費に使用させていただきました。給付金により、収入が減少した時期にもかかわらず、健康的な食生活を送ることができ、研究活動に邁進することができました。このような環境を与えてくださったのは、ひとえに本給付金のおかげであり、寄附者の皆様方には心より御礼申し上げます。

今後も研究成果の社会実装に向け一層の精進を重ねる所存でございますので、応援のほど何卒よろしくお願いいたします。

理工学研究科博士後期課程 1年 男性(掲載時)