1.えみか夢基金とはどのような基金ですか?

1.学生(留学生含む)への教育活動支援、教育研究環境の整備、人材育成に繋がる各種事業(国際交流支援・課外活動支援等)のほか、本学の教育ビジョン(社会・国際連携等を通じ、地域社会に貢献できる人材の育成に資すること)を達成するために活用するための基金です。
なお、本学のマスコットキャラクターである『えみか』と、「夢」のある教育・研究、「夢」を持った学生の教育、地域に「夢」を与えられる大学を目指し、『夢』を連結させ、「えみか夢基金」といたしました。

詳細はこちら

2.未来教育基金とはどのような基金ですか?

2.経済的な理由で修学が困難な学生に対して支援を行うことにより、意欲と能力のある学生が希望する教育を受けられるようにするために創設した基金です。① 授業料減免事業、②奨学金事業、③留学生支援事業、④TA・RA事業に限定されている事業になります。
平成28年4月の税制改正によって、寄附控除が拡充(従来の『所得控除』⇒『税額控除』が導入)され、文部科学省から「税額控除の対象となる証明」を受け、平成28年4月1日から未来教育基金へのご寄附が税額控除対象となりました。

詳細はこちら

3.寄附金はいくらから受け付けてもらえますか?

3.個人:一口1,000円以上。法人・団体等:一口10,000円以上でお願いしています。
複数口のご寄附を歓迎いたします。

4.銘板はいくら以上の寄附で掲示されますか?

4.個人の方は累計で10万円以上、法人・団体等の方は累計で50万円以上のご寄附をいただいた方で、掲示をご希望されない方を除いた方が対象となります。

5.寄附はどのような方法でできますか?

5.インターネットからのお申込みや本学所定の振込取扱票(振込用紙)をご利用いただくなど、さまざまな方法でのお申込みが可能です。寄附のお申込みについては、『寄附のしかた』のページに詳しく掲載していますので、ご確認ください。

詳細はこちら

6.振込手数料は誰が負担することになりますか。

6.所定の振込取扱票(振込用紙)によりご寄附いただく場合、ゆうちょ銀行(※)ご利用の場合には手数料は本学が負担いたします。また、払込指定銀行(伊予銀行、愛媛銀行、愛媛信用金庫)ご利用し、同一銀行にご入金された場合、手数料は無料となります。
払込指定銀行以外の金融機関からのお振込みは手数料をご負担いただくことになります。

※)2022年1月17日から、現金でお振込みいただく場合は、加算料金110円が、寄附者様のご負担となります。

7.継続的に寄附をしたいのですが、可能ですか?

7.継続的なご寄附は、クレジットカード決済により可能です。『寄附のしかた』のページからお申込みください。

詳細はこちら

8.寄附をすると税制上の優遇措置を受けられますか?

8.愛媛大学基金へのご寄附に対しては所得税、法人税等の優遇措置が受けられます。詳しくは、『税法上の優遇措置』のページをご覧ください。

詳細はこちら

9.寄附金領収証明書(領収書)の発行日付はいつになりますか?

9.本学への入金が完了した日付が寄附金領収証明書(領収書)の発行日となります。
オンラインでのお申込みの場合、お申込受付から本学への入金までに2~3ヶ月程度お時間を頂戴しています。そのため、お申込みが11月以降になりますと、発行日付が翌年になる場合があり、その場合は寄附金控除も翌年の対象になりますのでご留意ください。11月以降のお申込みで、その年の寄附金控除をご希望の場合は、振込取扱票(振込用紙)によるご寄附をご検討ください。

10.寄附金領収証明書(領収書)が届くまでにかかる時間はどのくらいですか?

10.本学で入金確認後、順次発行・発送いたします。

11.愛媛大学基金へ寄附をした後転居したので、住所変更の連絡をしたいのですが。

11.寄附金領収証明書(領収書)や基金に関する報告書等をお送りする際に、新しいご住所が必要です。転居された場合は、『お問い合わせフォーム』から変更前・変更後のご住所のご連絡をお願いいたします。

12.実際に寄附金が使われた用途は公開されますか?

12.毎年度、決算終了後に『活動報告』のページで公開いたします。

詳細はこちら

13.愛媛大学基金についての資料や振込取扱票(振込用紙)の請求先は?

13.『お問い合わせフォーム』から、愛媛大学基金室へご請求ください。

14.社内の手続き上、払込取扱票とは別に申込書の様なものが必要なのですが。

14.こちらの様式をご使用ください。
寄附申込書(Word形式)
寄附申込書(PDF形式)