未来教育基金の概要

経済的理由により、修学が困難な学生への支援に活用する基金です。

平成28年の税制改正(寄附控除の拡充)によって、所得税の軽減措置が拡充されたことを受け、経済的理由により修学に困難がある学生等に対する支援及に活用する基金について、従来の「所得控除」の他、「税額控除」を選択できるようになりました。
「未来教育基金」は、税額控除対象の基金となります。

税制上の優遇措置の詳細はこちら

活用事例

奨学金事業

修学サポート奨学金
家計支持者が会社の倒産、解雇等により失職した場合など特別な理由により、経済的に困窮し、修学を継続することが困難になった学生に対し、授業料の半学期分に相当する金額を、緊急的・応急的に支援する返還不要の給付型奨学金制度です。

令和3年度実績 4人(1,072千円)

コロナ対応緊急支援(給付型)奨学金
新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少するなど、今後の修学を継続するために支援が必要な学生に対して、 緊急・応急的に修学資金を支援する給付型の奨学金制度です。

支援実績 令和3年8月 383人(1人当たり5万円 総額19,150千円)
 令和3年12月 784人(1人当たり5万円 総額39,200千円)

愛媛大学の奨学金制度はこちら

授業料減免事業

授業料、入学料または寄宿料の全部又は一部を免除する事業です。

留学生支援事業

教育研究上必要があると認めた学生の留学に係る費用を負担する事業です。

TA・RA事業

TA(ティーチング・アシスタント)、RA(リサーチ・アシスタント)

学生の資質を向上させることを主たる目的として、学生を教育研究に係る業務に従事させ、学生に対して手当を支給する事業です。

支援を受けた学生の声

I would like to express my gratefulness to the Emergency Support Scholarship that I have received in the critical situation of COVID19. For the student without permanent scholarship and unable to do part time job at this time, this scholarship provided was fruitful in assisting my daily life and its works as a ‘catalyst’ for me to keep on working in my research. With this scholarship, my worries on my daily life expenses were settled down, hence I could pay more attention to my study and research. I hope this type of student assistance will continues to help many more student who have a difficulty while studying abroad just like myself. Thank you so much Ehime University.
COVID19の危機的状況の中、コロナ対応緊急支援奨学金をいただいたことに感謝いたします。定額の奨学金もなく、アルバイトもままならない私たちのような学生にとって、この奨学金は生活の助けとなり、研究を続けるための「触媒」となっています。この奨学金のおかげで、生活費の心配がなくなり、勉強や研究に専念できるようになりました。今後も,私のような困難な状況にあるより多くの留学生にこのような支援がいただけることを願っています。本当にありがとうございました。

大学院連合農学研究科 3年 留学生(掲載時)

愛媛大学基金に寄附してくださった皆様に感謝申し上げます。大学での研究継続申請のために以前のようにアルバイトが出来ず、収入が全くない月もありました。また、母子家庭で、母に頼ることが出来ない私にとって、このような奨学金をいただける機会を設けて下さったこと、とても嬉しく思います。奨学金は日々の心の支えとなり、安心して学業に専念することが出来ました。今後は、大学院に進学し、専門的な知識を深めると共に、皆様への感謝を忘れず、研究成果という形で還元できるように精進します。

農学部 3年(掲載時)

この度は、奨学金を給付いたただきありがとうございます。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、アルバイト削減および時間短縮が続き、収入が激減していましたが、支援のおかげで学業に専念できています。具体的には、県外開催の学会において、当初は遠隔での参加を考えていましたが、奨学金により対面で参加することができました。そのため、他大学の先生方と積極的に議論したりアドバイスをいただける良い機会となりました。今後も引き続き学会等に参加し、研究の発展に繋げていきたいと考えています。

大学院理工学研究科 1年(掲載時)